紅茶のおいしいダンジョン
時はダンジョンが乱立する大迷宮時代。
それを運営するダンジョンマスターもまた、ダンジョンによって乱獲されていた。
風雪を凌ごうと洞窟へ入った没落貴族の娘チュチュも例外ではなく、気がつけばダンジョンマスターをやることに。
けれど、薄暗くて汚くて据えた匂いがするダンジョンなんてもう古い。
これからは明るくて清潔でいい匂いがするダンジョンの時代が始まる!

<掲載サイト> 紅茶のおいしいダンジョン 作者:高野十海さま。(小説家になろう)

<キーワード> ファンタジー 異世界 女主人公 ダンジョン 成り上がり 魔物 進化 紅茶 お菓子 シリアス ほのぼの
スポンサーサイト
Posted by minato
 
[剣と魔法
悪役の矜恃
この作品には残酷描写・15歳未満の方の閲覧にふさわしくない表現が含まれています。
15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。

若く見目麗しい貴族の青年に恋をした平民の娘が、もてあそばれ、捨てられる。
珍しくもない、よくある話。けれどもこの話には、少し変わった続きがある。
貴族の青年は、召喚された聖女と真の恋に落ち、結ばれた。――では平民の娘は?
これは、よくある話の、その後を描いた物語。

<掲載サイト> 悪役の矜恃 作者:まめちょろ さま。(小説家になろう)

<キーワード> ファンタジー 身分差 シリアス 女主人公 恋愛 聖女 公爵 復讐 召喚 完結
Posted by minato
 
[異世界トリップ・転生
| HOME |