ゴブリンに転生したので、畑作することにした
この作品には残酷描写・15歳未満の方の閲覧にふさわしくない表現が含まれています。
15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。

狼の子として生まれたゴブリンの俺。ゴブリンの食べ物などに戸惑いながらもスクスクと育つ。
だが、ある日、族長が人間の娘をさらってきたことで全てが変わる。
村が人間に襲撃され滅ぼされてしまったのだ。
子供のゴブリンや狼とともに逃げ延びた俺は、新たな村を作ることにした。
持っていた転生チートを生かすときが来たんだ。
それは作物を作り、料理を食べたり食べさせたりすることでステータスを上げられる能力だった。

※これはヒッソリと生きたいゴブリンと、「長(おさ)のため、外敵は皆殺しだヒャッハー!」な彼の仲間が繰り広げる物語だ。


<掲載サイト> ゴブリンに転生したので、畑作することにした 作者:tomiaさま。(小説家になろう)

<キーワード> ファンタジー 異世界トリップ 転生 ゴブリン
スポンサーサイト
Posted by minato
 
[異世界トリップ・転生