世界を救った姫巫女は、
「子猿にしか見えない」
世界を救った褒美に与えられたのは愛しい人との結婚。
それを自分だけが望んでいたのだと知った理世は、旅に出ることを決意する。
逃げるように飛び込んだ酒場で、酔っ払いに絡まれた理世を助けたのは、美しい女性騎士だった。
テレーズと名乗った彼女と、理世は二度目の旅を共にすることになる。

しかし、理世は知らなかった。
その美女の正体を。彼女の、優しさの理由も――


<掲載サイト> 世界を救った姫巫女は、 作者:六つ花 えいこさま。(小説家になろう)
<作者さまサイト> 「hitori coto」

<キーワード> ファンタジー 異世界トリップ 恋愛 すれ違い じれじれ
スポンサーサイト
Posted by minato
 
[異世界トリップ・転生