スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by minato
 
[スポンサー広告
おひとりさまでした。 ~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~
速見誠一郎29歳、独身。恋人なし。食べ歩きと、一日一冊の読書。
一人の時間をこよなく愛する誠一郎は、一人きりの食卓に並ぶ料理を日々笑顔で見つめていた。
そんな誠一郎はある日突然、偶然にも魔界の悪魔を召喚してしまう。
リリスと名乗る悪魔娘に、願いを一つ叶えてやると言われた誠一郎。
……後になって振り返る。自分は何故、あんな願いを言ったのだろうと。
この話は、アラサー男が悪魔娘と飯を食う。たったそれだけのお話です。


<掲載サイト> おひとりさまでした。 ~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~ 作者:天那 光汰 (=ΦωΦ= )さま。(小説家になろう)

<キーワード> 現代 ファンタジー サラリーマン 悪魔 料理 ほのぼの
スポンサーサイト
Posted by minato
 
[その他.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。