箱庭と鎖
彼が好きだった。結婚して二年、彼は想い人そっくりな女性と逢瀬を重ねた。
私は自分の中で何かが音をたてて崩れるのを感じた。

<掲載サイト> 箱庭と鎖 作者:神崎ゆう さま。(小説家になろう)

<キーワード> 中世風 貴族 すれ違い 切ない 完結
スポンサーサイト
Posted by minato
 
[ファンタジー