生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい
この作品には残酷描写・15歳未満の方の閲覧にふさわしくない表現が含まれています。
15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。

エンダルジア王国は、「魔の森」のスタンピードによって滅びた。
錬金術師のマリエラは、『仮死の魔法陣』のおかげで難を逃れるが、ちょっとしたうっかりから、
目覚めたのは200年後の錬金術師が死に絶えた世界だった。

スタンピードで出現した迷宮と、魔の森を管理するために王国跡に作られた迷宮都市には、
ポーションは数十年前から保管されている劣化した物しかなく、値上がり率は100倍以上と超供給不足。

ポーションを作れる都市で唯一の錬金術師になってしまったマリエラが、
こっそりポーションを販売したり、迷宮都市での暮らしをのんびり楽しんだりするお話です。


<掲載サイト> 生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 作者:のの原兎太さま。

<キーワード> ファンタジー 女性主人公 異世界 生産  魔法 奴隷
スポンサーサイト
Posted by minato
 
[剣と魔法