トランクィル・タワー。
この作品はPG12(暴力描写あり)作品です。
ご注意ください。


少女が目を開くと、辺りには見知らぬ、絵のように美しい街が広がっていた。
青い空。碧い海。白壁の街並み。
観光で訪れられたのならば、その一つ一つにどれほど心躍らせることができただろう。
――けれど、彼女の眼前で人間が空を駆け、獣が火を吐き。世界を満たす波音は、確かな潮の匂いを纏っている。
夢の続きにしては余りに生々しく、身体の訴える痛みは、目に映る世界が夢でなく幻でなく、
紛れもない確かな事実であると告げていた。
ならばこの街は、眺めて楽しむには余りに隔たった――紛れもない異界だというのか。
そして彼女は、何も知らぬまま物語の幕を開く。

本編完結済み、続編連載中。


すんごく面白かったです。
夢中で読みふけり、いま。
日本人気質というのか、遠慮しいで、周りの気配を窺うようなところ
それが弱点?無鉄砲に走るのかもしれないけれど
でも芯がとっても強くて、尊敬してしまう。
言葉にするのがどうも下手すぎて説明にも感想にもなっていないけれど、
すごく面白かった、です。苦笑
淡いじれじれ感のある恋愛?模様がツボ。

<掲載サイト> 燎火

<キーワード> ファンタジー 異世界トリップ 剣・魔法 傭兵 巻き込まれ シリアス 恋愛


スポンサーサイト
Posted by minato
 
[異世界トリップ・転生