闇の神子は皇帝の猫
いきなり異世界に召喚された私は、
光と闇の均衡を保つために闇の神子として三年間を過ごした。
ところが、均衡が保たれたからもう何もするなと言われてしまう。
いるだけで均衡が保たれるので元の世界に返すこともできないという。
帰れない。働けない。自由もない。
皇帝がご褒美をくれるというので、
私は皇帝陛下のペットになることで自由を手に入れることにした。


本編3話時点でこれで終わりでもいい満足感が。
まあ、これからの二人の関係性を楽しめるのだとしたら
とってもお得。楽しみです。


<掲載サイト> 闇の神子は皇帝の猫

<キーワード> ファンタジー 恋愛 異世界トリップ 年の差 ほのぼの 
スポンサーサイト
Posted by minato
 
[異世界トリップ・転生