スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by minato
 
[スポンサー広告
異世界食堂
洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。
午前11時から15時までのランチタイムと、午後18時から21時までのディナータイム。
定休日はオフィス街が空になる土日。 ランチは1000円まで。
ライス、パンとスープはお代わり自由がこだわりといやあこだわり。
猫の看板と入り口に据え付けられた招き猫の鈴が特徴っちゃ特徴の、猫好きだったじいさんが、
どっちかと言えば犬派の俺に残した小さな店。
そんな、どこにでもある普通の飯屋さ。 …ああ、たった一つだけ。他と違うところがある。
毎週土曜は、週に一度の特別な客が来る営業日になってる。
定休日じゃなかったかって?そうだよ。だから、特別な日。
毎週土曜だけ、ここは特別な客を迎えるから、表向きは休み。
じいさんが始めたことで俺も詳しいことは知らない。
けど『向こうの連中』はここのこと『異世界食堂』って呼んでるよ。


面白いです。
ほっこりします。
大好きな自分の一押しメニュ名がそこでの渾名になってたり。
一話ずつの短編。お楽しみください。


<掲載サイト> 異世界食堂

<キーワード> ファンタジー 異世界トリップ 食堂 魅了 ほのぼの 短編 完結
スポンサーサイト
Posted by minato
 
[異世界トリップ・転生
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。