スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by minato
 
[スポンサー広告
わたしの異世界食配達物語
この作品には15歳未満の方の閲覧にふさわしくない表現が含まれています。
15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。


ある世界で性悪魔術師がその世界にある全ての国の王族の誕生日に
たった一回だけランダムに何でも願いを叶えるという贈り物をしていました。
しかし、相手は性悪。 願いは曲解され、とんでもない事態を引き起こすことがほとんどでした。
そんな迷惑この上ない拒否権なしの「贈り物」を今年、受け取る羽目になったのは十歳の王子様。
どうか被害の少ない願いを!という周囲の期待をよそに王子様は願います。
「俺が食べたことのないような料理を持ってきてみろ」
王子様の願いに魔術師は一人の異世界に住む少女を召喚しました。
プリン・アラ・モードと呼ばれる異世界のお菓子と共に。



<掲載サイト> わたしの異世界食配達物語

<キーワード> ファンタジー 異世界トリップ お菓子 魔術師 王子
スポンサーサイト
Posted by minato
 
[異世界トリップ・転生
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。