青雲を駆ける
寂れた農村だった。何の変哲もない、貧しい農家たちが集まる村のはずだった。
一人の身寄りのない男がその村に来て、全ては変わった。
仕事は楽になり、飢えることが無くなった。人々は健やかになり、
人口が増え、全ては順風満帆に進むと思われた。
だが急な発展を知った近隣の領主が、村に目をつけ始めて……。
中世よりもはるかに古い、古代ファンタジーです。


<掲載サイト> 青雲を駆ける

<キーワード> ファンタジー 歴史 内政 発明 技術革新 チート
スポンサーサイト
Posted by minato
 
[異世界トリップ・転生