はめごろしの、窓からの光で構わない
この作品には残酷描写・18歳未満の方の閲覧にふさわしくない表現が含まれています。
18歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。

ゆりは両親を亡くし、祖父に引き取られた。
亡父の実家は大規模の暴力団で、幼く神経の細かいゆりは日々全てに怯えて暮らす。
そんなゆりの世話役に就いたのは二十ばかり年嵩の高村という男。
彼はいつでもゆりに添い、世話を焼いて優しく囁いた。
「大丈夫です、私はいつでも、ゆりお嬢さんのお傍におりますとも……」と。
世界を恐れ怯え続ける脆弱な少女と、それを欲望のままに囲う男の、箱庭の十年の狂気。


<掲載サイト> はめごろしの、窓からの光で構わない  作者:安芸ひさのさま。(ムーンライトノベルズ)

<キーワード> 現代 恋愛 年の差 監禁  強姦/レイプ  ヤクザ 溺愛 主従 完結
スポンサーサイト
Posted by minato
 
[恋愛.