紅凛の器。
この作品は、両性具有モノです。ご不快な方は素通りされてください。


聡明なと七人の武将に守られた都、伊留(いる)。
地も人も、全てを兼ね備えた北の宝石と名高い伊留は、ただ一つ運だけには恵まれていなかった。
人は、<紅凛の器>の不在が原因であると口々に嘆く。 嘆いても、どうしようもないからこそ、嘆くのだ…。


とても好きな作品。
同じ世界観のスピンオフ「白い花の冠」もあり。
でも、やはり子猫の方が好き。
サイト内、他作品も素晴らしく、たびたび訪れてしまう・・・。



<掲載サイト> Colors-lingline-SVC (タキセワトさま、l i n g l i n e *内)

<キーワード> ファンタジー 中華  器 恋愛 完結
スポンサーサイト
Posted by minato
 
[異世界