手は口ほどに物を言い
この作品にはBL要素18歳未満の方の閲覧にふさわしくない表現が含まれています。
18歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。


頼れる身内もなく、奨学金をもらって都内の大学に通う地方出身者の衛は、
住んでいるアパートが火事で消失し、行き場所を失ってしまう。
そんな衛に親友の大吾は豪勢なマンションで一人暮らしをしている
自分の兄と同居してはどうかと話を持ちかけてきた。
おっかなびっくり訪れた先には、背が高くて、大人の色気を持ったかっこいい男の人がいた。
友人の兄だという人は感情を顔に出すことがほとんどなく、見た感じでは少し怖い印象を受ける。
しかし、彼が見せるほんの些細な仕草は、すごく穏やかで。
何より、彼の大きな手はとても優しくて温かいのだった。


最近、更新を楽しみにしている作品のひとつ。
じれじれと、期待感に胸躍ります。笑。


<掲載サイト> 手は口ほどに物を言い 作者:京 みやこさま。(ムーンライトノベルズ)

<キーワード> 現代 ボーイズラブ 年の差 溺愛 ハッピーエンド じれじれ 独占欲
スポンサーサイト
Posted by minato
 
[現代.